アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
往還丸(おうかんまる)ブログ
ブログ紹介
〜オホーツク街道沿いのカナディアンログハウスの宿〜「往還丸(おうかんまる)」のブログです。
宿周辺の近況や日々の出来事を思いつくままにご紹介します。
zoom RSS

「流氷。」

2017/02/03 16:45
画像

 オホーツク海の冬の風物詩、 流氷。今から34年前の高校生の頃、これが見たさにはるばる国鉄を乗り継いでやって来ましたっけ。

 昨日の北よりの強風に伴って、斜里の海岸に 流氷がお越しになりました。やっぱりこれがないことには何か物足りません。
昨年は中々お越しになりませんでしたが、今年はいつもより早めのお越しに、思わずお茶の一杯でも、と言いたくなりました、、、

写真は、斜里町以久科の海岸で撮った流氷。例年より少し早めの、昨年よりもかなり早めのお越しです。

2017年2月3日 丸坊主



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「謹賀新年 2017」

2017/01/01 13:52
画像

 2017年になりました。皆様、明けましておめでとうございます。本年も一層のご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

 今年こそはまめにブログを更新しようと思い、パソコンに向かっております。10ヶ月ぶりの更新作業で、うまく手順が思い出せません。更新ソフトも古過ぎてうまく動きません。
と、何かと言い訳を考えては先延ばしにしようとする今日この頃です、、、

写真は、今年も元旦早々に寒い中を届けて頂いた年賀状。穏やかな天気で何よりでした。

2017年 元旦 丸坊主

高橋 2017年 カレンダー 日めくり 中型 E502
高橋書店
2016-09-06

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 高橋 2017年 カレンダー 日めくり 中型 E502 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「流氷 再び。」

2016/02/24 15:32
画像

 一昨日の流氷接岸初日から一転昨日はやや後退した流氷でしたが、今日は更に一転、昨夜からの北よりの風で再び接岸しました。

 流氷が海を覆いつくし、その海からの北風が強く、しかも今日は朝方の晴天による放射冷却で、寒いのなんのって午後13時で-10.3℃、、、

写真は、再び接岸した流氷。昨日と同じ斜里町以久科の海岸で撮りました。

2016年2月24日 丸坊主

流氷ノロッコ号 [DVD]
JVD
2003-08-22
ドキュメンタリー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 流氷ノロッコ号 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「流氷接岸初日」

2016/02/23 17:28
画像

 流氷が接岸、または定着氷と接着して沿岸水路がなくなり船舶が航行できなくなった最初の日。と定義されています。

 昨日ようやく流氷接岸の知らせがありました。観測史上最も遅い接岸だったようです。
ということで、斜里の海岸にカメラ片手に様子を見に行ってきましたが、昨夜からの南よりの風の影響か、少し後退してしまったようです。
いつもながら間の悪さを思い知らされました、、、

写真は、斜里の海岸から撮った流氷。真ん中の白い帯状のものがそうです。残念ながら本日の流氷は沖の方に後退してしまったようです。今後の北風に期待しましょう!

2016年2月23日 丸坊主

流氷ドラフト6本セット
網走ビール株式会社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 流氷ドラフト6本セット の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「謹賀新年 2016」

2016/01/01 18:52
画像

 2016年になりました。皆様、明けましておめでとうございます。本年も一層のご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

 早いものでお蔭様をもちまして当宿も10年目に突入しました。
毎年この日には、今年こそは新しい何かを、と思い熟考します。熟考しながらとうとう10年目に突入してしまいました。
10年目の今年こそ新しい何かを、、、

写真は、いつもよりちょっとだけ豪勢なエサを一心不乱に喰らう当宿の犬。今年も去年と同じ構図になってしまいました。あかんわこりゃ、、、

2016年 元旦 丸坊主



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「エゾリス」

2015/03/30 20:54
画像

 北海道に棲息するリスで、キタリスの亜種とされています。真冬でも見かけるので、どうも冬眠はしていないようです。

 最近、犬の散歩の途中によく見かけます。騒がなければ、わりと長い間じっとしていてくれます。
何かを食べている時に遭遇するとラッキーで、器用に手で掴んで食べている様子を見ることができます。その様子が愛らしく、ついつい見入ってしまいます。
ふと横を見ると、うちの犬も見入っています。別の魂胆でしょうが、、、

写真は、少しわかりにくくて恐縮ですが、中央に何かを掴んで食べているエゾリスがいます。騒がなければ急に逃げたりしないので、結構簡単に写真に撮れたりもします。

2015年3月30日 丸坊主

エゾリス リコとジロ
文芸社
岡本 とよ子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by エゾリス リコとジロ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「十風五雨(じっぷうごう)」

2015/02/21 19:03
画像

 十日に一度風が吹き、五日に一度雨が降るの意から、順調な天候のこと。農作物の生育に適した気候のこと。また、世の中が平和で穏やかな状態であることの例え、とされています。

 気のせいか、今シーズンの冬は毎週、しかも週末に限って暴風雪がやってきます。先週も土曜日から月曜日まで荒れに荒れました。
今週は、つまり今日は久々に一日中晴れて、山々もにきれいに見えました。そこで15時過ぎまで待って、斜里岳の全貌が見える近くの畑まで写真を撮りに行きました。いつもこんな天候が続けばいいのに、、、

写真は、久々にきれいに見えた斜里岳。海別岳も知床連山も藻琴山もきれいに見えました。

2015年2月21日 丸坊主

やまつみ 【斜里岳】 1/50,000
キューアールシー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by やまつみ 【斜里岳】 1/50,000 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「北風と太陽」

2015/01/14 17:39
画像

 ご存知イソップ童話の一つで、北風と太陽が旅人の上着を脱がせる力比べをした話です。転じて、何事も状況によって適切な手段が必要との教訓として用いられています。

 ここ一週間ほどは天候が荒れ気味で雪を伴った強い北風が続いていました。
気温はさほど低くはなかったのですが、陽射しはなく風が強いため体感的には寒く、また強風により吹き溜まる雪と降る雪とで、年々辛さを増す除雪作業も一層辛くなりました。
ただ辛いことばかりではなく、この強い北風はオホーツク海の冬の風物詩流氷も連れてきてくれました。
まだまだプカプカという感じで、いついなくなってもおかしくない状態でしたが、取り敢えず今年もやってきてくれました。

写真は、ここ一週間ほどの強い北風により斜里の海岸にやってきたオホーツク海の冬の風物詩流氷。今日の日中は陽射しもあり穏やかな天候だったためか、知らせを聞いた人達で賑わっていました。

2015年1月14日 丸坊主

流氷ドラフト6本セット
網走ビール株式会社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 流氷ドラフト6本セット の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「謹賀新年 2015」

2015/01/01 17:51
画像

 2015年になりました。皆様、新年明けましておめでとうございます。本年も一層のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

 空気を読むことにかけては尋常でない当宿の犬。
実は、お正月と誕生日だけはいつもよりほんのちょっとだけ豪勢なエサをご用意させて頂いております。
ということで、いつものように散歩から帰ってエサの準備をしていると、嬉々とした表情でちぎれんばかりに尻尾を振って待ち構えていました。
この能力を他に使えんじゃろかと考える今日この頃です、、、

写真は、いつもよりほんのちょっとだけ豪勢なエサを一心不乱に喰らう当宿の犬。最近は寝食ともに旺盛で太り気味です、、、

2015年 元旦 丸坊主



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「風蓮湖」

2014/12/07 18:52
画像

 根室半島の付け根の北側にある根室海峡に接した汽水湖。根室海峡との境にある砂州の春国岱にはいろんな野鳥が観れることで有名です。

 別にバードウォッチャーではありませんが、たまに野鳥の写真が撮りたくて風蓮湖近辺に行くことがあります。
期待を裏切らない湖で、行った時は結構な確立で何らかの野鳥を観ることができます。
ただ写真に撮れるかというと話は別で、かなり期待を裏切ってくれます。これは自分自身の問題で、全く修行が足りません、、、

写真は、2ヶ月ほど前に風蓮湖の近辺に行った際に、走古丹(はしりこたん)というところで撮ったタンチョウの家族。ここまで堂々と横断してくれると僕でも撮れました、、、

2014年12月7日 丸坊主

野鳥撮影術 鳥の魅力を引き出す表現テクニック (日本カメラMOOK)
日本カメラ社
2014-07-23
山田 芳文

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 野鳥撮影術 鳥の魅力を引き出す表現テクニック (日本カメラMOOK) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「文明の利器」

2014/11/02 20:06
画像

 文明がもたらした便利な道具・機械。「力」ではなく、「利器」。当り前っちゃ、当り前か、、、

 毎年この時期になると、来年用の薪を手作業(斧)で作っていました。日々2〜3時間の作業を約2ヶ月かけてやっていました。
ところが、今年の初夏の頃、衝動的に、いやいやほぼ確信的にエンジン式の薪割り機を購入してしまいました。費用はさておき、薪割り作業にかけていた膨大な時間がもったいないというのが主な言い訳です。
ということで、最近この「利器」でもって、薪割り作業を行なっています。斧だと3〜4日かかっていたものが、約30分で出来てしまいました。
これで他のことができるという嬉しさがある反面、時間を金で買ってしまったという後ろめたさが交差します。スローライフが聞いて呆れます、、、

写真は、エンジン式薪割り機。斧で割るよりも数十倍も早くて、楽してできますが、何か大切なもを失くした気持ちになるのはなぜでしょうか、、、

2014年11月2日 丸坊主



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「雨ニモマケズ 風ニモマケズ ・・・」

2014/05/17 19:09
画像

 雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ 丈夫ナカラダヲモチ・・・と続く、宮澤賢治知の遺作メモ「雨ニモマケズ」です。掲載2回目です。

 昨日から爆弾低気圧が居座っています。他の地域のように積雪はありませんが、雨と風が半端なく、いろんなものが壊され、館内は水浸しになってしまいました。
今回とは別件ですが、一週間ほど前にベランダを支えていた丸太が折れ、その改修の準備をしていた矢先の爆弾低気圧です。ベランダが全壊してしまわないかと心配で夜もおちおち寝ていられませんでした。
結局、今のところベランダは無事ですが、太いところで直径50cmはあろうかと思われる当宿の庭木が根こそぎ倒されてしまいました。
雪と夏の暑さには負けなかったものの、今回の雨と風には勝てなかったようです。やれやれ、、、

写真は、今回の爆弾低気圧でまるで漫画のように根こそぎ倒された当宿の庭木。それにしても後片付けが思いやられます。このままほっといたら倒木更新したりして、、、

2014年5月17日 丸坊主

宮沢賢治詩集 (岩波文庫)
岩波書店
宮沢 賢治

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 宮沢賢治詩集 (岩波文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「乙女の涙」

2014/03/25 13:39
画像

 知床八景の一つ「フレペの滝」の別名です。断崖の割れ目から流れ落ちる水が涙に似ていることから「乙女の涙」とも呼ばれています。

 先日、ひょんなことからフレペの滝(乙女の涙)に行ってきました。
天気が良くて、真っ青な空に真っ白な知床連山がとても迫力満点でした。
流氷も少し岸から遠ざかっていた為、これまた真っ青なオホーツク海に真っ白な流氷がかなり神秘的でした、、、

写真は、フレペの滝の展望台が撮った知床連山とフレペの滝とオホーツク海の流氷。広角レンズで一枚に収めてみました、、、

2014年3月25日 丸坊主

Canon 超広角ズームレンズ EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM APS-C対応
キヤノン
2004-11-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Canon 超広角ズームレンズ EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM APS-C対応 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「アムール川」

2014/02/22 17:36
画像

 ユーラシア大陸の北東部を流れる川。中国名は黒竜江。この川からの水が海に流れこんで海水の塩分濃度が薄まり、凝固点が高くなった海水が氷結して、オホーツク海の流氷ができるとされています。

 実は、特に関心がなかったわけではないのですが、10日ほど前に流氷が接岸していました。
ソチオリンピックの観戦や先日の暴風雪の後始末などで報告が遅れてしまいました。
去年よりも例年よりも遅い接岸でしたが、今年も流氷がやって来てくれました。何よりです。
現時点の接岸状況も、先日の暴風雪の影響かびっちしのようです。ただ、風向き次第ですぐにいなくなってしまう可能性もあり、なかなか難しいものです、、、

写真は、流氷が接岸された斜里の海岸。10日ほど前、流氷接岸の知らせを聞いて様子を見に行った時のものです。もう少し天気が良ければ、右側の後方に知床連山も見えたのですが、、、

2014年2月22日 丸坊主

北海道オホーツク「流氷カレー」
ご当地カレー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 北海道オホーツク「流氷カレー」 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「雪平鍋」

2014/02/01 18:58
画像

画像

 行平鍋とも書きますが、結構重宝しています。気のせいか、使い方が悪いのか取っ手が壊れやすいような気がします。取っ手が再起不能になってどうしようもなくなったら犬のエサ箱になります、、、

 当宿の犬は、食べ残したエサをカラスから守ろうとしてか、隠そうとして鼻を使って土を被せようとします。その為、鼻の頭をよくすりむいてしまいます。
当の犬はそうでも無さそうなのですが、見ているこっちが痛そうなので、軟膏を塗ってやると、傷にしみるのか嫌がって、更に地面に鼻をこすりつけて薬を取ろうとするので一向によくなりません。
見かねて、エサを犬小屋の中に置くようにしましたが、今度は毛布を被せようとして、毛布や床を鼻でこする為、やっぱりすりむいてしまいます。
それならばと、先日、エサを床から離して置けるように犬小屋の中に台座を取り付けてやりました。
これで鼻で毛布を被せようとしても高くて届きません。今度はどんな手で来るか見ものです、、、

写真上は、すりむいた鼻が自慢げな当宿の犬。いつか鼻が取れてしまうのではないでしょうか、、、

写真下は、犬小屋の床から離して置かれたエサ。これで毛布を被せようとも高くて届きません。してやったり、、、

2014年2月1日 丸坊主

谷口金属 和の職人 深型 ゆきひら鍋 18cm
谷口金属

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 谷口金属 和の職人 深型 ゆきひら鍋 18cm の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「パパスランドさっつる」

2014/01/13 18:45
画像

 お隣の清里町にある道の駅。もともと温泉施設だったところが2007年に道の駅として登録されました。ちなみにパパスはスペイン語でジャガイモだそうです。

 道の駅パパスランドさっつる(以下、パパス)は、道道1115号摩周湖斜里線沿いのJR札弦駅の近くにあります。この道路の周辺には、サクラの滝、神の子池、裏摩周展望台などの観光スポットがあります。
パパスには温泉施設やレストラン、パークゴルフ場など併設されていますが、レストランとパークゴルフ場は利用したことがないので、利用したことがある温泉施設について少々。
温泉施設は、昨年リニューアルされましたが、リニューアルされたばかりとあって、かなりキレイな印象を受けます。
施設的には、温度設定の違う湯船があり、熱めとぬるめの両方を楽しむことができます。
あと露天風呂や足湯がなどがありますが、-10℃を下回った世界の露天風呂は格別です、、、

写真は、パパスの温泉施設内の様子。手前がぬるめの湯船で向こう側が熱めの湯船。この日の温度が40.3度と43.7度でした。個人的にはこの中間ぐらいがいいのですが、、、

2014年1月13日 丸坊主

ウォーカームック 北海道Walker mini「道の駅ガイド 全道114駅」 61803‐87
角川マガジンズ(角川グループパブリッシング)
2012-04-18
著訳編者表示なし

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウォーカームック  北海道Walker mini「道の駅ガイド 全道114駅」  61803‐87 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「謹賀新年 2014」

2014/01/01 14:35
画像

 2014年になりました。皆様、新年明けましておめでとうございます。本年も一層のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

 と申し上げましたが、私事で恐縮ですが、喪中につき新年のご挨拶はほどほどにご遠慮させて頂きます。

写真は、当宿から車で数分のところにある大栄神社。今年度は自治会の神社当番に当たっているため、初詣のための準備と後片付けに行ってきました。

2014年 元旦 丸坊主



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「スズメバチの巣」

2013/12/19 18:13
画像

 スズメバチの巣は、女王蜂がまずは単独で巣作りを始め、働き蜂を産むようです。その後、働き蜂が成長して巣を拡張していきます。こうしてスズメバチの巣は大きくなるようです。

 今年の夏の終わり頃、薪の整理をしていたら薪置場の軒下にスズメバチの巣があるのを発見しました。
小ぶりなメロンぐらいの大きさで、キイロスズメバチという種類のもののようです。
発見した時は一瞬凍りつきましたが、さてどうしたものかと思案した結果、冬になって空き家になってから駆除してやろうと思い、その時はそのままにしておきました。
さて、それから約3ヶ月経って改めて巣を調べてみましたが、どうも住人は既にいないようです。
ということで駆除するにはいい頃合なのですが、壊してしまうのももったいない気がします。
スズメバチは、翌年同じ巣を再利用することはないようなのでこのままにしておこうかな、、、

写真は、薪置場の軒下で見つけたスズメバチの巣。現在は空き家のようです。翌年も再利用されることはないようですが、この横に2軒目が建設されたりして、、、

2013年12月19日 丸坊主



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「山に水族館があってもいいのでは」

2013/12/04 17:45
画像

 北海道留辺蕊町の「山の水族館」を造るにあたり、当時の留辺蕊町長が語ったされる開発意義。海に水族館があるのは当たり前だが、山にでも川には淡水魚はいる とのことからのようです。

 先日、北見市留辺蕊町の温根湯温泉にある「山の水族館」に初めて行ってきました。
「山の水族館」は、1978年に北海道中の淡水魚が見れる山の中にある水族館として、また熱帯魚も見れる温泉を利用した水族館としてスタートし、2012年に著名な水族館プロデューサーの監修のもと低予算でリニューアルされ話題を呼んでいます。
いろいろ特徴的な趣向が凝らされていますが、中でも「生命がきらめく滝つぼ」、「北の大地の四季」、「北の大魚イトウ」の各水槽が興味深いものでした。
「生命がきらめく滝つぼ」は、滝つぼを下から見上げる形に設計されていては圧巻の迫力です。エントランスホールの隣にあるので掴みとしては満点です。
「北の大地の四季」は、屋外に造られている川の一部が水槽になっていて施設内から観察できるのですが、厳冬期にその川が凍結して、その氷の下に棲息する魚の営みを観察することができるようです。
「北の大魚イトウ」は、イトウそのものが圧巻です。イトウは幻の大魚と言われ、最大で2mにもなる日本最大の淡水魚です。
今や人気の「山の水族館」は、貧乏水族館から脱出した旭山動物園の水族館版との声もあるようです、、、

写真は、幻の大魚イトウ。最大で2mを超すものもいるようです。この魚を見ていると、「釣りキチ三平」を思い出しました、、、

2013年12月4日 丸坊主

Fishing Cafe´ VOL.45 特集:幻の大魚イトウ
シマノ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Fishing Cafe´ VOL.45 特集:幻の大魚イトウ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「丈夫で長持ち、私とタンス」

2013/11/21 17:10
画像

画像

 これって、何の商品のキャッチコピーだったでしょうか。やっぱり箪笥でしょうか?、それとも薬?

 先日、当宿の玄関に入るための階段が壊れてしまいました。具体的には、踏板を取り付けていた側板が腐食して踏板がはずれてしまいました。
実は去年あたりからやばかったのですが、今年の夏ついに踏み抜かれてしまいました。
それでも下に物をあてがい凌いできましたが、怪我をするとまずいので、秋に作り直しました。
今度は腐食しにくい枕木を使って、踏板も側板に取り付けるのではなく、土台の上に置く形に取り付けて、とにかく100年もつようにと丹精込めて作り直しました。これで、当宿がいかなる原因でつぶれても階段だけは残っててくれるでしょう、、、

写真上は、当宿の玄関に続く、作り直す前の階段です。踏板が側板の腐食によりはずれかけています。

写真下は、作り直した階段です。予算の関係上、以前と比べて小ぶりになりましたが、丈夫にはなったと思っています。たぶん、、、

2013年11月21日 丸坊主

VISUAL ENGINEERING 図解 木と木材がわかる本 (VISUAL ENGINEERING)
日本実業出版社
岩本 恵三

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by VISUAL ENGINEERING 図解 木と木材がわかる本 (VISUAL ENGINEERING) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

往還丸(おうかんまる)ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる